子供と遊ぶ

そろそろ再婚したい

そう思っても簡単に勢いだけで、パパっと結婚なんてできませんよね?

 

働きながら子育てもしないといけない。

その中で空いた時間を婚活に使って、結婚を前提とした彼氏を作る?

初婚のときとくらべて、シンママが再婚するには確かに難しいと感じることも出てきます。

 

でも『難しい=不可能』ではないんですね。

この人となら結婚したいと思える男性とどうやって出会うか?

お子さんや親など、二人だけでは決められないシンママの再婚の難しさと取り組み方を見ていきます。

確率的にはバツイチ子持ちのシンママでも再婚は難しくない!

カップル成立

先ほども言った通り、シンママの再婚は確かに難しい面もあります。

ただ日本全体を見ると、再婚してる人はとても多いんですね。

 

婚活サイトの”楽天オーネット“の報告では成婚カップルの3組に1組は”両方またはいずれかが婚姻歴がある”と書かれています。

人口統計資料集を見ても、再婚した人は男女含まて20万人を超えており、年々増加しています。

 

今は3組に1組が離婚する時代なので、再婚数も再婚率も高くなるのは当然ですよね。

ただこのデータは子供がいない再婚者も含めたデータになっているのも見逃せません。

 

そしてシンママが再婚するには、初婚のときと違って3つの難しいポイントがあるんです。

その問題を1つずつクリアすることで、再婚への道のりが見えてくるんですね。

① 再婚したいと思っても婚活する時間もお金もない!さらに焦ってうまくいかない

  • 再婚相手を見つけようと思っても周りに良い人はいない
  • 友達は結婚してる、職場も既婚者でオジサンが多い

こうなってくると婚活をすることも検討すると思います。

ただ婚活は相手と関係性を築くのに時間が必要。

 

友達の紹介と違って関係性や信頼性を一から確認していかないといけない

もし離婚の原因が元旦那の浮気ならより一層慎重になると思います。

 

しかもそうやって時間をかければ必ずいい結果がでるかというと、また別問題。

次に出会った男性には焦って普段の自分で接することができなくなるなど悪循環になるリスクもあります。

 

こういったシンママならではの婚活に時間が取れない問題はどうすればいいのでしょうか?

今の少ない空いた時間を有効活用するには、自分に合う人をある程度、絞ってくれる婚活をした方が良いですね。

そのときに候補になるのが婚活アプリ結婚相談所になります。

 

理想なのは結婚相談所へ相談へいって、『この人なら信用できる』という案内人に出会うこと。

でも実際は数をこなさないといけないし、なにより結婚相談所はお金も負担になります

 

そこでより現実的になるのが婚活アプリ。

その中でもシンママだと会員料が無料で、子供がいることに理解がある男性が多く在籍する婚活アプリを選びましょう。

これならお金をかけることもないし、空いた時間で今のあなたに合った男性が見つかりやすくなりますよ。

 

例えば婚活アプリのマリッシュなどですね。

マリッシュはシングルマザーの登録者数が多いので、そういった立場に理解のある男性が多く在籍しています。

 

しかもシンママだと今なら無料で使えるようになっています。

婚活アプリなら気軽に始めることができますし、誰にもバレることなく辞めることが可能。

最初の婚活として取り組みやすいですよ。

参考⇒シンママなら無料で使えるマリッシュを詳しく見るならコチラ

② 次の結婚は”子供の気持ち”も考える!子供に話すタイミングが大事

子供と公園へ行く

  • 忙しい毎日の間をぬって新しい彼氏ができた。
  • 少ない時間でお互いに協力し合って仲が深まってきた

そんなときにより再婚が現実的になってきますが、ここで2つ目の難しさがあります。

それがあなたのお子さんが再婚に協力的がどうかですね。

 

お子さんと彼氏が上手くやれそうかも大事だし、再婚することに応援してくれるかも大事。

一般的には赤ちゃんや2~3歳なら抵抗がないことが多いと言われています。

 

あとは高校や大学を卒業する段階ですね。

『次はお母さんの幸せも考えてよ』と背中を押してくれる年代です。

 

逆に反抗期の小中学生だと、お子さんが再婚に反対する確率は高くなる傾向があります。

再婚に賛成したとしても、前夫のように接してくれるかも別問題。

お子さんからすると違和感なく、お父さんとして接するのは難しい年代といえます。

 

ただお子さんが再婚に賛成するかは、完全にケースバイケース。

いきなり再婚相手として紹介するよりも、3人で一緒に遊んだり時間を過ごせば少しずつ受け入れてもらいやすいですね。

③親の同意を得る難しさも!相手の親は初婚だと反対するリスクも?

話し合いをする家族

シンママが再婚するときの最後の難しい問題は、親の了解を得るコト

とくに男性が初婚だった場合は、相手の親が良い気分がしない可能性もあります

 

今は親に反対されるケースは、だんだんと少なくなっていると言われています。

さきほども言った通り、今は夫婦の3組に1組が離婚する時代。

 

だから世間体も少しずつ変わってきてるんですね。

ただ相手の親が高齢だったり田舎だと、昔の価値観を引き継いでる可能性もあります。

もし同意を得れないときは根気強い説得が必要になりますね。

 

逆に親の問題が起きにくいのは、相手の男性もバツイチの場合

このときは双方の親に快く了承してもらえる確率が高くなります。

 

そういった意味では婚活をするときは、バツイチ同士の婚活パーティーや恋活アプリがおすすめ。

お互いの立場を理解できるだけじゃなく、再婚する時も話がスムーズに進みやすいメリットがありますね。

シンママの再婚は確かに厳しい面もある!でも妥協したり諦める必要はない

考え事をする主婦

  • 育児と仕事で婚活する時間を作れない
  • 子供が再婚を賛成してくれるかわからない
  • 男性が初婚だと相手の親が反対する可能性がある

 

このように確かにシングルマザーの再婚には難しい面があります。

でも『難しい=不可能』ではありません。

こうやってどこに再婚の難しさが隠れているかがわかれば、対策もわかりますよね?

 

  • スキマ時間でできる婚活を始める
    金銭的余裕があるなら結婚相談所
    最初はお金をかけたくないなら婚活アプリ
  • まずは子供と彼氏と3人で過ごす時間を作る
    いきなり再婚の話を出さないでゆっくり過ごして様子を見る
  • 相手の男性もバツイチだと親の問題は無くなる
    バツイチ限定の婚活や出会いの場に行く

 

このように1つずつ対策を打てば、シングルマザーでも再婚はできます。

頭で漠然とイメージして難しいよねと諦めないようにしましょう。

 

まずは時間やお金を使わない恋活アプリ。

その中でもシングルマザーへの理解がある男性が多いマリッシュを使って、恋愛に前向きになってみませんか?