子供を連れて公園に行く

  • やっぱりシンママは恋愛を諦めないといけないの?
  • 彼氏を作りたいけど出会いを増やす時間もお金もない
  • 気になる男性に『バツイチ子持ち』と伝えて嫌がられるのが怖い

 

たまに寂しい気持ちに襲われて、「このまま一生ひとり?」と不安になる。

そんなときにこれからの未来を一緒に歩いてくれる男性と出会いたいと思いますよね。

 

でも現実は、そんな簡単にはいかないときもあります。

恋人がほしいと思っても『仕事と育児で時間がない』

良いなぁと思える人と出会っても『子供がいると伝えるべきか』と悩み、その場を楽しめなかったりしませんか?

 

そんな日々を過ごしていると、恋活にも疲れて『諦めようかな』と思うのも無理はありません。

気持ちが下がっているとき、どうやって前向きに恋人探しができるかを一緒に考えていきましょう。

シングルマザーでも恋愛を諦める必要はない!婚活に使う時間やお金も最初はいらない

自分に正直になろうとする

まずあなたの心の奥底にある『恋活への罪悪感』は減らしていきます。

孤独感を感じるし寂しい気持ちもあるから彼氏は欲しい。

そう考える一方で、『子供に悪い』とか『周りから白い目で見られるかも』と怖くなってはいませんか?

 

このような罪悪感は基本的には感じる必要はありません。

統計では日本で結婚するカップルは年間で70万組。

そのうちの4分の1が、再婚者(男女どちらか,または両方)と言われています。

 

再婚までで数えてもこれだけいるんです。

だから彼氏がいるシングルマザーはもっといるということですよね。

だから全国的に見ると、シンママで彼氏がいることは何も不思議なことではありません。

 

母親として子育てをして、仕事をしているなら何の問題もない。

空いた時間で恋人と会うのも、デートをするのも悪いことではないはずです。

 

それでも子供の顔がふとよぎったり、周りの視線を気にするのはあなたが優しい証拠。

だから彼氏が欲しいと思ってからしばらくは、時間がかからない恋活をすればいいんです。

例えば結婚相談所恋活アプリが代表的ですよね。

結婚相談所は職員の人があなたの代わりに、あなたに合いそうな男性を選んでくれます。

恋活アプリも、今までの生活のスキマ時間で気軽に男性と交流できる。

 

この2つの恋活は周囲に宣言する必要も、バレる心配もなく始めることができます。

ただ結婚相談所は最初にまとまったお金がかかってしまうのが現状。

恋活アプリも登録料や月会費が高いものを選ぶと金銭的な負担がジリジリと重くなります。

 

いきなりポンとお金を出せればいいのですが、大金を出すのって怖いし不安ですよね。

そこで最初は女性の登録料が0円の恋活アプリを選びましょう。

これならお金の負担もかからないので、負い目も感じる必要はありません。

 

気軽に始めて、スキマ時間に続ける。

嫌になったらアンインストールしたらOK。

今の生活を何も犠牲にすることはなく、スムーズに恋活を始めることができます。

 

基本的に世間が与える『母親でいなさいハラスメント』は無視して構いません。

でももし恋活に罪悪感を感じるなら、最初は時間もお金もかからないし周囲にもバレない恋活アプリが最適です。

慣れてきて少しずつ前向きになってきたら、お見合いや婚活パーティー・結婚相談所も検討しましょう。

婚活に積極的なのに”うまくいかない”?疲れたり自信がないときは場所を変える

コーヒーを飲む男女

恋活を始めても、独身時代ほど上手くいかない。

そんな時間が長引くと『シンママだと無理なの?』と自信がなくなってしまうかもしれません。

せっかく恋愛したいと前向きになった気持ちが折れないように、心掛けたいことは何かあるのでしょうか?

一般男性にとってシンママは恋愛の対象外?アンケート結果を見てみる

実際に男性は離婚歴や子持ちの女性と恋愛することに抵抗はあるのでしょうか?

マイナビウーマンにこのようなアンケート結果がありました↓

引用元 https://woman.mynavi.jp/article/161226-50/

このようにすべての男性が受け入れてくれるわけではない。

でも一定数の男性は、今のあなたの状況を理解して付き合う可能性があるというのも事実です。

 

大切なのは『どこで恋活をするか?』

上のグラフの4割の男性がいる場所で恋愛のキッカケを探す必要があります。

恋活がしんどい・大変と感じるのは場所が間違ってる可能性あり!

バツイチ子持ちが恋愛がうまくいかない理由ではない。

ポイントは『どこで恋活をするか』という場所。

喧嘩する男女

例えば20代前半の男女が集まるお見合いパーティーだと、シンママは不利かもしれません。

でも30代~40代が集まるお見合いパーティーなら、お互いに離婚歴はそこまで気にならなくなりますよね?

最近は離婚する夫婦が3組に1組はいるので、年齢層が高くなれば自然と結婚歴がある人が多くなります。

 

それ以外でも『結婚歴がある人限定』の恋活アプリや恋活パーティにいくのも良いですよね。

こんな感じで『今のあなたを受け入れてくれる場所』で恋活すると、今までとは違う感触があるはず。

 

例えば恋活アプリ”マリッシュ“は女性は今なら無料で使うことができます。

それにマリッシュは登録車の半数近くが結婚歴がある男女で構成されているアプリ。

だからあなたの状況や立場を理解してくれる男性が多いですよ。

マリッシュがおすすめな女性

  • いきなりの婚活でお金をかけるのは不安
  • 忙しくて婚活する時間がない
  • シンママという立場を理解してくれる男性と出会いたい

 

もしこういった思いがあるなら、マリッシュを使うか検討してみましょう。

参考⇒シンママへの優遇制度もある!恋活アプリ”マリッシュ”の詳細を見てみる

 

正直な気持ちを大切に!恋愛を諦める前に罪悪感を減らし場所を変えよう

二人で関係を育てる

シンママでも彼氏を作ることを諦める必要なんてありません。

最初に言った通り、全国ではシングルマザーで恋愛している人は珍しくないので引け目を感じる必要はありません。

もし罪悪感を感じるなら、仕事や育児の時間を減らすことなく、お金もかからない恋活アプリから恋活を始めればOK。

 

そして実際に出会いを求めるときに意識したいのは場所です。

子供がいるというあなたの状況を受け入れてくれる男性が多い場所で恋活をしましょう。

参考⇒【今なら無料】離婚歴がある人も多いから安心!恋活アプリ”マリッシュ”はこちら

【今日のまとめ】

  • シングルマザーでも恋愛に諦める必要はない
  • 仕事や育児をこなした上なら恋活をする罪悪感を感じなくていい
  • シンママに理解のある男性も多い
  • だから恋活は子持ちやバツイチを理解してくれる男性がいる場所を選ぶ
  • もし人目が気になるなら時間もお金もかからず周りにバレない恋活アプリから始める