今度、直接あって話したいことがあるんだけど

彼氏が急に改まって言ってきた言葉。

突然『話がある』と言われたら戸惑いますよね。

  • 今じゃダメなの?
  • Lineとかじゃなくて?
  • もしかして別れ話?

このように考えれば考えるほど、不安が大きくなり辛い思いをしていませんか?

そこで今回は『彼氏から話があると言われたときの心構え』を一緒に考えていきましょう。

 

実は別れ話以外の可能性も高いので、どんなケースがあるかを見ていきます。

いろんな可能性を見てココロの準備をしておくだけでも、精神的に楽になりますよ。

スポンサーリンク

彼氏に話があると言われたら別れ話以外(むしろ良い話)の可能性もある

彼から改まって『話がある』と言われたら不安になりますよね。

でも話=悪い話と決めつけるのは良くないです。

実は『ハッピーエンド』になるような話かもしれません。

結婚やプロポーズなど大事な話

電話やLineではなく直接会って話したい内容。

それが二人の将来についてです。

 

プロポーズはもちろん、結婚を前提にした両親への挨拶など大事な話は会って話したいと思ってるのかも。

恐る恐る待ち合わせ場所にいったら婚約指輪を渡されて…なんて結末も可能性としてはあります。

同棲など将来のことで大切な話

結婚だけではなく二人の将来のことで話し合うつもりかもしれません。

例えば結婚を前提とした同棲とか、転勤するのでついてきて欲しいとか。

 

結婚など具体的な話ではないけど、これから先の2人の将来について話したいのかも。

こういった大切な話も電話じゃなくて直接会って話したいですよね。

起業や転職など将来の夢について

2人の将来のことで言うと彼のキャリアも関係してます。

以前から転職したいとか起業したいなんて言っていませんでしたか?

(学生さんの場合は進路など)

 

そういった一大決心は恋人であるあなたにも関係してきますよね。

なので直接顔を合わせて、彼自身がした決断を聞いて背中を押してほしいのかも。

話したいことがあると言う男性の心理!告白したいことがある

男性側から『話したいことがある』といったときは、何かを告白したいとき。

その告白とは先ほどのような結婚かもしれませんが、ネガティブな内容の告白のケースも考えられます。

 

別れ話も含めて、いろんなネガティブなことを打ち明けられる可能性があります。

そういった可能性も考えてココロの準備をしておきましょう。

仕事で転勤や引っ越しが決まり遠距離に…

仕事関係で告白したいことがあると言えば、転勤や異動が多いです。

地方へ引っ越すことになったり、部署が異動になって忙しくなるからしばらく会えないとか。

 

最悪の場合はクビになったとか、会社が倒産しそうなんて話の可能性も。

こういった仕事面でのネガティブな話って気軽にLineというわけにもいかないので会って話したい内容です。

彼氏自身のお金のトラブル

彼自身にトラブルが起こったときも、彼女に伝える必要が出てきます。

例えば『実は借金をしていた』という告白だったり、『家族にお金を借りてる』という身の回りの話かも。

 

間違っても気軽に彼にお金は貸してはいけません。

ただ金銭面でのトラブルを持っていて、以前から『いつか打ち明けないと』と感じていたとき。

そんなときは次に2人で会ったときに打ち明けようと思ったのかもしれません。

スポンサーリンク

彼や家族の病気のことかも

実は私個人が経験があるのがコレ。

深刻な顔をしながら打ち明けられたのが恋人の家族の病気のことでした。

 

『次の連休は会えない。実家に帰って面倒をしたい』という話だったんです。

相手の実家が離れているなら、家族に万が一があったときは会いに行くのも大変です。

 

GWや年末年始などまとまった連休は地元に帰って看病をしたい。

こういった真剣な話も、電話では言いづらいので会って話したい内容です。

以前から思っていた不満を打ち明けたい

別れ話のような深刻な話の一歩手前。

以前からあなたに思っていた不満を打ち明けたくて『話がある』と言った可能性があります。

  • ブツブツと文句を言い続けるのを辞めて欲しいとか
  • 仕事中はLineを返せないので、何度も送らないで欲しいとか
  • タバコ辞めて欲しいとか、酒癖が悪いとか

以前から思っていたけどデート中は楽しく過ごしたいから我慢してた。

そういうふうに彼が考えていたのなら、これから先の関係性を考えて打ち明けたいのかも。

 

言われるのはツライかもしれません。

ただなぜ彼が直してほしいことを伝えるかというと『これからも2人でいたいから』です。

 

別れたいなら理由なんて言わずに『別れそう』っていうので。

直してほしいということは、これから先も一緒にいたいからという彼の願いもあってのこと。

感情的にならずに2人の理想の距離感というか接し方を考え直す場を作りたいですね。

 

過去に何か怒らせることを言ったのなら、関係の修復も必要になります。

参考⇒彼氏を怒らせた!自分が悪いときに気まずい関係を修復する謝り方

 

距離を置きたいのかも?関係の見直し

ここからは少しヘビーな話になってきます。

もしケンカが多くなっていたり、連絡が途切れ途切れになっていたら距離を置きたいサインだったのかも。

 

別れたいわけではないけど、このままだとお互いのためにならない。

彼がそう考えていたのなら『少しだけ距離を置こう』と打ち明けることも考えられます。

参考⇒彼氏に『好きかわからない』と言われたときの対応

 

別れ話もありえる!浮気をした&好きな人ができた

あまり想像したくないですが、彼氏の懺悔を聞く可能性もあります。

『ごめん、実は浮気したんだ』という告白。

または『他に好きな人ができた』という別れ話のパターンも。

 

『話がある』と直接会って話をしたいということは、それだけ重要なことを打ち明けたい証拠。

だから別れ話だったり、破局に関係する女性関係を打ち明けられる可能性も十分にあります。

彼氏からの『話がある』の内容!別れ話かの見分け方

先ほどのように彼から『話がある』と言われただけでは良い内容も悪い内容もどちらも考えらえます。

なので彼が打ち明ける話がポジティブなのか、ネガティブなのかを見極めていきましょう。

ハッキリとした内容は彼にしかわかりませんが、変化と環境の2つに注目すると予想できます。

彼の変化について!Lineや電話の内容と回数を確認しよう

Lineを見て彼からの対応に変化があったか見直してみましょう。

返信が遅くなっていたり、既読スルーが多くなっていませんか?

こちらは長文で送ったのに『そうなんだ』みたいに短文の返信が来てると温度差があるということ。

 

彼氏さんが仕事で忙しそうにしていたり、過労で疲れた表情を見せていたら関係性を見直したいのかも。

もしくは彼の気持ちが冷めていれば、距離を置きたいとか別れ話をされる可能性が高いです。

参考⇒彼氏の連絡が遅くなった気がする!原因と彼への接し方

参考⇒彼氏が未読無視するのはなぜ?考えられる理由

 

あなたたちの環境! 付き合ってすぐだったり関係が順調なとき

あなた達が付き合い立てなら、いきなり別れ話をするというのは考えづらい。

よっぽどケンカをしたり会話が合わないのなら別ですが、まずは本音で話したいというのが彼の意見。

これまで一緒にいた時間で彼が違和感を感じたことがあったのかもしれません。

 

あとは転勤や家族のデリケートな問題など、2人の周りで起きたアクシデントの可能性もあります。

大切な存在であるあなたには直接会って話したいのでしょう。

 

彼からの話が何なのか断定することはできません。

でも昨日までのやりとりを振り返って何か変わったことはなかったか。

あなたと彼の関係性は順調だったかどうかで、話の内容がポジティブなのかネガティブなのかは推測できます。

もし話したいことがあるという内容が別れ話だったら?

最後は彼から『話がある』と言われた内容が別れ話だったとき。

急に言われると感情的になったり、取り乱してしまうかもしれませんよね。

 

なので今から万が一でも別れ話を切り出されたときに、どのように対応するか決めておきましょう。

もしかしたら彼が考え直してくれるたり、冷却期間を作って関係性が回復することもあります。

別れてもイイor別れたくない!あなたの意見は?

まずはあなたが本当に望んでいることをハッキリさせましょう。

  • めちゃくちゃ好きだから別れたくない
  • 確かに喧嘩が多くてしんどいけど、別れて1人になるのは嫌
  • よくわからない。他に良い人でもいればいいけど…

 

誰かに打ち明けたりする必要はないので、心の底から出てくる本音を探っていきます。

もちろん好きなら別れたくないことを伝えるのが大前提。

ただ『好きかと聞かれれると最近は微妙かも』というくらいの気持ちなら、この機会に彼の別れ話を受け入れたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

別れたくないなら関係性を変える努力をしよう

もし彼のことが好きで、別れ話を言われても気持ちが変わらないなら。

そんなときは『関係性を変えること』を提案してはいかがでしょうか。

 

例えば一時的に距離を置いて冷却期間を作ってみるとか。

何か嫌だったことを聞いて、それが直せそうだったら次から気を付けるとか(Lineや電話の頻度など)

 

重いと思われたくないと怖いかもしれません。

でも自分の気持ちに正直に行動することも大事ですよね。

 

ただ単に別れたくないとかゴネても相手の気持ちは変わりません。

冷却期間を作ったり、彼への接し方を変えるなどの提案なら、聞いてもらえるかも。

参考⇒彼氏を好きだけど信用できない理由。

 

話があると言われた怖い!不安を減らすために想定しておこう

今回は彼氏から話があると言われたときに考えられる内容についてお話ししました。

『話がある=別れ話』というわけではありません。

結婚や同棲などポジティブな話をされるかもしれないし、別れ話以外でも身内のアクシデントや転勤など緊急事態かもしれない。

 

会う前から見極めるのは難しいですが、『昨日までの彼との距離感』から推測はできます。

悪い予感がするなら、『もし別れ話だったら自分は何て返事をするか』を事前に考えておきましょう。

 

別れたくないならそれをしっかりと伝えること。

冷却期間を置くとか、何か嫌なコトがあるなら改善する意思も伝えましょう。

 

きっと大丈夫と楽観的に考えていたら、いざというときに感情的になってしまいます。

現時点ではいろんな可能性があります。

できるだけシチュエーションを想定した方が、後で自己嫌悪になって後悔するような対応はしなくなりますよ。

スポンサーリンク