看護師と結婚したいとき、どうすればいい?

優しくて親切なイメージのある看護師さん。

 

そんな看護師さんと出会って結婚したいときは、どこで出会いを探せばいいのでしょうか?

今回は看護師さんとの出会い方や、結婚後の生活のイメージについてお話しします。

  • 看護師の出会いや結婚事情
  • 看護師と結婚後の生活【メリット・デメリット】
  • 看護師と出会う方法

 

この3つについて知ることで、お金や時間を無駄にせず看護師さんと出会うことができます。

さらに結婚後の生活も今のうちに知っておくことで、理想と現実のギャップに苦しむことはなくなりますよ。

看護師と結婚したいとき!相手の恋愛・結婚事情について

まず看護師さんの結婚率や、どういった出会いが多いのかを見ていきます。

これであなた自身が看護師さんと出会えるチャンスや結婚への可能性がわかりますよ。

看護師の結婚率は

看護師さんの結婚事情について見ていきます。

厚生労働省のデータによると40歳までの看護師の結婚率は56%という結果。

これは40歳までの一般的な結婚率72.4%と比べると、低いことがわかります。

 

『看護師=モテる』というイメージがあるかもしれませんが、結婚率は平均より低いんですね。

これは夜勤が多かったり休みが不規則なことや、職場の男女比などの労働環境が影響していると考えられます。

看護師と結婚する職業!同じ職場や病院が多い

では看護師さんは、どんな人と出会い結婚することが多いのでしょうか?

まず”あるある”なのが、同じ職場で出会ったというケース。

 

例えば薬剤師さんだったり医師だったり、あとは同じ大学病院で勤務する医療関係の人と結婚するなどですね。

同じ職場で出会うというのは社会人の出会いの定番ですが、看護師さんもそれは当てはまります。

 

ただ『同じ職場だと別れたとき気まずい』『プライベートでも仕事の話になりそう』と考える方もいるはず。

そういった看護師さんと出会えるかで、結婚のチャンス度が変わってきます。

看護師さんは外での出会いがなく結婚できないと悩む人も多い

職場での出会いで結婚することが多い看護師さんですが、平均よりも結婚率が低い。

このことからも『出会いがない・結婚できない』と悩む看護師が多いことがわかります。

 

看護師と言う職業はニーズが高く、経済的に困ることも少ない。

ただ土日祝など決まった休みはなく、夜勤もあるので生活が不規則なんですね。

 

だから看護師は結婚率が下がると言われています。

そんな『出会いが欲しいけど時間がない』と悩む看護師さんが利用しているのがマッチングアプリ

 

マッチングアプリならスキマ時間を使ってスマホで恋人候補を探せると、定番の出会いとなっています。

なのでもし看護師と出会いたいなら、あなたもマッチングアプリを利用する必要があるということ。

 

ただどんなマッチングアプリでも良いわけではありません。

必須の機能は職業選択で”看護師”を選べるかどうか。

 

看護師に限定して出会いを探すことができるマッチングアプリを使いましょう。

例えばペアーズは利用者数も多く職業指定で看護師を選択できます。

 

ペアーズなら利用者も多いので、看護師さんの中から好みのタイプがいるかを調べてみると良いですよ。

参考⇒看護師に絞って検索できるマッチングアプリ『ペアーズ』はこちら

 

看護師と結婚したら勝ち組?羨ましいと噂の結婚後のメリット

次は看護師さんと結婚した後の生活の変化について見ていきましょう。

なんとなく漠然と『看護師さんと結婚したい』と思ってるなら危険。

結婚後に後悔しないためにも、まずはメリットについてみていきます。

体調を崩したときに看病してくれる

風邪を引いたり病気をしたときに心強いというのが看護師さんと結婚した人が語るメリット。

ドラックストアで風邪薬を買ってくれたり、テキパキと行動してくれるのが助かるという声でした。

 

確かに医療関係の知識がある人が家族に居れば、いざというときも心強いですよね。

特に風邪や病気のときは精神的に弱ってしまうので、病院で働いた経験のある人がそばにいると安心できるでしょう。

子供の怪我への対応も早い

自分のことだけではなく、将来的に子供ができたときも心強い存在になります。

お子さんは小さくて元気に走り回る時期は小さな怪我もたくさんしてきますよね。

そんなときに結婚相手が、子供のけがを消毒をして絆創膏をサッと貼ってくれると心強い

 

絆創膏を貼るくらいは誰でもできることかもしれませんが、普段からそういった対応に慣れている人に頼んだ方が確実です。

病院へ行くかどうかの判断や、病院で診察してもらうときの医師への相談もスムーズに行きます。

看護師と言う職業のニーズが高い

看護師さんと結婚する3つ目のメリットは生活が安定しやすいこと。

看護師という職業は、社会的に見てもニーズが高いのが特徴です。

今後は少子高齢化社会が進むので、より需要が高まるでしょう。

 

職業のニーズがあると、給与が高くなったり、就職や復職がしやすいというメリットにつながります。

なので家族で看護師として働ける人がいるということは、経済的に安定した暮らしがしやすいということになります。

【補足】男性の看護師さんはイクメン?

看護師という職業に就いている人は包容力や優しさがあるイメージ。

男性の看護師さんだと面倒見がよく、子供の世話もスムーズにしてくれるという声がありました。

 

先ほども言いましたが職業的にも安定しているし、体調不良のときも心強い存在になる。

最近は男性の看護師さんも増えていて、女性からの人気も高まってきています。

看護師と結婚するメリット

  • 体調不良のときに心強い
  • 子供の怪我も処置してくれる
  • 職業が安定していて復職しやすい
  • 包容力や優しい人が多い

 

看護師と結婚したら負け組?デメリットや後悔した瞬間

先ほどのメリットだけを見ていると、よりいっそう看護師さんと結婚したくなったかもしれません。

ただ実は看護師と結婚することはデメリットとなるケースもあります。

職業柄、避けられない問題が関係していますね。

夜勤があるので生活が不定期になる

看護師と言う職業には時間の指定がありません。

患者さんの具合が悪くなるのに時間帯がないので、看護師も24時間365日体制で病院に勤務することになります。

 

なので日によっては夜勤があったり、土日祝にも出勤するのは当たり前。

結婚してからデートしにくかったり、お互いの時間を確保するのは難しくなります。

 

これは個人経営の病院に勤めるなどしないかぎり、職業的に避けられないこと。

結婚前から相手の働き方については理解を示す必要があります。

家事と育児の分担が大変

お互いに共働きとなると、家事の分担も難しくなります。

2人のシフトが固定されていたら、スケジュール調整も簡単かもしれません。

ただ看護師のように不定期なシフトになると、家事と育児を1日ごとに分担するようになります。

 

なのでまずは家電を上手く使って家事自体を減らすこと。

そして育児に関しては保育園や親・義親の協力を得ながらこなしていくことも検討しましょう。

 

全てを2人でこなそうとすると、溜まったストレスが爆発してしまうリスクがあります。

どちらかが我慢するのではなく、まずは家での負担を減らす方法を考えた方が良いです。

医師の生活と比較すると出費がかさむ

看護師が普段接する人たちは高収入の人が多いです。

医師や技師など職業的にも安定していて給与も高い人が多いんですね。

なのでそういった人たちと生活水準を合わせようとすると、望まない出費も多くなります。

 

それにこのような家族間での見栄の張り合いは終わりがありません。

ずーっと隣の芝生を見ながら、一生懸命に働いているのに貯金がないという状態になってしまいます。

 

他人と比較するのは不幸の始まり。

それよりも家族が居心地がいい生活を心がけて、不必要な出費をしない方と結婚したいですね。

職場での嫉妬が置きやすい

もとから嫉妬を抱きやすい人は看護師との結婚が向いていないかもしれません。

男性看護師と結婚すると、女性の職場に男がいることで嫉妬しやすいです。

逆に女性看護師と結婚した場合も、医師と看護師の不倫が多いなどど聞けば心配になってしまうでしょう。

 

お互いに信頼関係があるなら特に問題はありません。

ただ相手が一生懸命に仕事をして帰ってきたのに、浮気を疑い出すと夫婦関係に亀裂が入ります。

自分に自信がない人や嫉妬しやすい、つい浮気を疑ってしまう人は、看護師さんとの結婚には慎重になった方が良いです。

離婚率が高いという噂がある

看護師向けのメディアサイト『ナーステート』が、気になるアンケートを実施していました。

そのアンケートは『看護師は離婚率が高いと思うか?』というもので、調査結果は73.6%の人が高いと回答しています。

 

これは先ほどから言っているように、生活のズレや共働きの難しさがあります。

そして看護師が復職しやすい職業と言うことで、相手に経済的に依存することなく離婚を決意できることも関係しています。

職業の安定性がデメリットにも働いてしまうんですね。

看護師と結婚するデメリット

  • 夜勤などで生活のズレが起こる
  • 共働きなら育児や家事の分担が大変
  • 相手の職場の生活水準に合わせるとお金がたまらない
  • 自分に自信がないと嫉妬しやすい
  • 離婚率が高いというアンケート結果がある

 

看護師と結婚するには?結婚を前提とした出会い方

メリット・デメリットを踏まえても、やっぱり看護師と結婚したい。

そんなときは看護師との効率的な出会い方を探っていきましょう。

最初はマッチングアプリを使う

失敗のリスクが低い出会い方として、最初に試したいのがマッチングアプリ

他の婚活と比べて月数千円で利用できますし、嫌ならすぐに退会できるので気軽に利用できます。

 

ただどのマッチングアプリでも良いというわけではありません。

利用するマッチングアプリは『職業選択ができるもの』

 

看護師と職業を絞って条件検索できるマッチングアプリを使えば、看護師さんとだけ効率的にマッチングができます。

例えばペアーズは男女の利用者も多いし、看護師に絞って相手を探すことができるので超効率的。

 

まずはペアーズに登録して、出会いを求める看護師さんで好みのタイプがいるかを探してみましょう。

参考⇒看護師に絞って探せるマッチングアプリ『ペアーズ』はこちら

 

結婚相談所でも可能性はあるがリスクは高い

結婚への意欲が高い相手と出会いたいなら結婚相談所も候補になります。

メリットは結婚を前提とした相手と交際できるチャンスがあること。

デメリットはまず料金がすごく高いことですね。

 

入会金で何十万、月額会費で数万円が毎月かかるので、あっという間にお金がなくなっていきます。

出会いが見つからなくても『これだけお金を払ったんだから』と辞められなくなる人も多いんですね。

 

もちろん結婚相談所に登録するのも良いですが、最初に利用する恋活ではありません。

最初はリスクが低くて多くの人が利用しているマッチングアプリから試しましょう。

友人のツテを探す。お見舞いに行くのも良い

看護師さんと自然な出会いを求めるなら、あなたの交友関係を利用する必要があります。

例えば友人や同僚で『看護師さんの知り合いがいないか』を聞いてみたり。

 

友人の紹介だと信頼できる人と出会いやすいというメリットがあります。

デメリットとしては『ちょっと違うな』と思っても、せっかく紹介してくれた友人の手前、キッパリと断れないこと。

交友関係が広い友人がいれば、看護師の知り合いがいるか聞いて、どんな人かリサーチしてから頼むと良いですよ。

 

あとは周りで入院した人がいるなら、お見舞いに行くというのも、出会いの可能性があります。

ただ可能性はありますが、そこから恋愛に発展する確率は低いでしょう。

看護師との出会い方

  • マッチングアプリの職業指定を使う
  • 結婚相談所で看護師さんを紹介してもらう
  • 友人にリサーチをする

 

看護師さんと結婚したいときは出会い方が大事!結婚後の生活も意識しよう

看護師と言う職業は珍しくはないので、結婚したいという願いが叶う可能性も高いです。

特にマッチングアプリの職業指定を使えば、あなたの交友関係を超えた出会いを探すことが可能。

 

実際に合うかどうかは別にして、どんな看護師さんが登録しているのかを見るだけでも試してみましょう。

参考⇒看護師に絞って検索できるマッチングアプリ『ペアーズ』はこちら