将来は女医さんと結婚したい!

 

医者として働く女性と出会い、恋愛して結婚したい。

そんな男性のための女医との恋活方法についてお話しします。

  1. 女医さんの恋愛模様
  2. 女医と結婚して大変なことって?
  3. 女医さんと結婚を前提として出会う方法

 

この3つを知れば、今まで漠然と『女性のお医者さんと結婚したい』と思っていた願いが一気に具体化します。

自然恋愛で女医さんを求めるのは不効率。

恋活や婚活を上手に利用しながら、あなたを好きになってくれる女性を見つけませんか?

女医さんと結婚したい!その願いは叶う?

まずは、そもそも女医さんとの結婚は現実的なのでしょうか?

数字は女性医師の恋愛事情を見ながら考えていきましょう。

サラリーマンが自然に女医と出会う確率は低い

結論から言うと自然恋愛で女医さんと恋に落ちて恋愛するのは難しいです。

医者として働く女性の割合も低いので、普段の出会いで探すのはキセキに近い。

 

しかもお医者さんは激務で平日・休日と関係なく働く仕事。

なので、普段の生活で女医さんと自然に出会うことはないと考えて良いでしょう。

ただ、だからといって女医さんとの結婚が無理というわけではありません。

女医さんも出会いがないと思っている

女性医師の間で言われるのが『3分の1の法則』というもの。

3分の1の法則とは、女性医師の3分の1が生涯未婚で、残りの3分の1が離婚するという意味です。

 

言葉の信憑性はともかく、昔からそう言われるほど女性医師は出会いが少ないんですね。

実際は出会いがあったとしても職場恋愛ばかりで、男性医師と結婚するというパターンが多いです。

 

女性医師の中には『家では仕事のことを考えたくないから医者とは付き合いたくない』と考える人もいるはず。

でもそういった女医さんは職場環境や忙しい勤務状態のせいで、出会いがないと悩んでいるんです。

 

そこで使いたいのがマッチングアプリ

マッチングアプリの中でも特にペアーズは、相手の望む職業欄に『医者』の項目があります。

 

これで理想の相手の条件を絞ることができるので、好みの女医さんがいないか探してみましょう。

参考⇒女性医師を希望できるマッチングアプリ『ペアーズ』を見てみる

 

女医と結婚したら勝ち組?意外と大変だと後悔する瞬間

ペアーズを使えば職業から理想の女性を絞ることができるいので効率的です。

ただ実際に女医さんと結婚したら、それだけで幸せに慣れるのでしょうか?

 

医者と結婚=人生の勝ち組と決めつけるのは危険。

意外と大変だったり、『こんなはずじゃ…』と後悔する瞬間もあるんです。

女医との結婚に後悔した人の数は離婚率でわかる

『結婚に後悔した人=離婚した人』と考えると、女医さんと結婚して後悔する人は意外と多いです。

先ほどの『3分の1の法則』を思い出してください。

 

3分の1は生涯未婚で、3分の1は結婚しても離婚すると言われる世界。

こういった法則が噂になるほど、結婚生活を維持するのは難しいということです。

 

では実際にどういった難しさがあるのでしょうか。

女医さんとの結婚生活を送る上での大変な瞬間を3つ見ていきます。

女医は忙しい。時間が取れない大変さ

医者は命を救う仕事でもあり、だからこそ忙しい職業です。

病気になるタイミングや怪我するタイミングは、自分たちでは選べませんよね?

なので医者になると平日や休日、早朝や深夜に関係なく出勤するケースもあります。

 

家庭的な女性像を抱いていると、仕事優先で家のことを後回しにする姿にガッカリするかも。

だからこそ男性側としては、妻ではなく医者である状況を尊重する姿勢が大事だということがわかります。

  1. 生活リズムが合わない
  2. 休みの日を一緒にすごかせない
  3. 呼び出しがかかったらすぐに家を出る

 

このような相手の仕事を受け入れることができるか。

家事や育児も積極的に行う姿勢が男性側にも必要ですね。

(相手が主夫を望んでいて、あなた自身も主夫を望んでいるなら問題はありませんが)

経済的に自立していることは格差にも繋がる?

女性医者と結婚するメリットの1つに経済的な余裕があります。

あなたが主夫になる場合はもちろん、お互いに働けば経済的な不安は消えるでしょう。

 

ただ医者としての給料の高さが、結婚した男性を苦しめることもあります。

例えば共働きしている場合は賃金格差に劣等感を感じるかもしれません。

夫婦喧嘩をしたときに給料が低いと悪口を言われてイラっとすることもあるかも。

 

さらにお互いに経済的に困らないということは、離婚しやすいという状況とも言えます。

『離婚したいけど仕事がない』と我慢することがないので、これが離婚率の高さにつながっているんですね。

相手の親が面倒くさいケースもある

女性医者は、自分から医者を目指した場合とは別で、親から言われて医者になったケースがあります。

いわゆる家族が医者家系で、全員が医者だから自分も医者を目指したという人ですね。

 

こういった女性の親は、結婚相手の家柄を気にしたり、あなたの収入や学歴をチェックするもの。

条件に満たないと判断されれば、親から反対されて相手が責められることも。

 

こういった親の影響もあってか、女性医者は半数以上が医者と結婚するんですね。

そしてお互いに医者同士で給料が高いから、あまり我慢せずに離婚して離婚率が高くなるという流れに…

女医と結婚を前提に付き合う方法について

最後に女医さんと出会うための、具体的な方法についてお話しします。

最初にお話しした通り、このままの生活を送って自然恋愛で出会うというケースは確率的に低い。

それよりも恋活・婚活を使って職業で医者の女性に条件を絞って、出会いを求めた方が確実です。

マッチングアプリの条件指定検索を使う

コスパが良いのがマッチングアプリです。

ただどのマッチングアプリでも良いわけではありません。

 

注目したいのは条件指定の欄に『職業 医者』が含まれるかどうかです。

医者という職業に絞って検索できなければ、そのマッチングアプリを使う必要はありません。

 

まず最初に使いたいのがペアーズですね。

マッチングアプリの中でも利用者がトップクラスということで、いろんな女性が利用しています。

 

もちろん医者だけを職業指定して検索もできますよ。

利用者が多いということは、それだけいろんな女性が登録しているということ。

なので最初に使うマッチングアプリはペアーズにするのが無難です。

参考⇒女医さんに条件を絞れるペアーズはこちら

 

お見合い・結婚相談所で探してもらう

マッチングアプリのAIに探してもらう以外の方法もあります。

それが結婚の仲介人を通して、女医さんを紹介してもらうという方法。

 

結婚相談所で仲介人の方に『医者と結婚したい』という意志を伝えます。

すると仲介人が、あなたの条件に当てはまった女性の中から、合いそうな人を紹介してもらえるというもの。

 

お見合い形式なので結婚を前提とした出会いができるのがメリット。

デメリットとしては料金が高いことと、出会いが制限されることですね。

 

結婚相談所はマッチングアプリなどと比べて、入会費も月額費も高い傾向にあります。

それにもともと女医さんの割合が少ないので、結婚相談所に入会しても『いません』という状態になる可能性も。

 

マッチングアプリを試して、結婚に真剣な女性と出会えないとなったら結婚相談所も検討する価値はあります。

ただいきなり何十万も使って結婚相談所から婚活を進めるのはリスクが高いですよ。

女医との結婚は羨ましいだけじゃない!リスクも踏まえて出会いを探そう

女医さんは職業の割合からいっても、なかなか自然の出会いを求めるのは難しいです。

でもだからといって、女医さんと結婚できないかというと、そういうわけではありません。

 

大切なのは『出会いが欲しいけど時間がない』と悩む女医さんと出会えるかどうかです。

そういった女性と出会うために、まず最初に取り組みたいのがマッチングアプリ。

 

ペアーズなら職業指定で医者に絞って出会いを探すことができます。

お金や時間の費用を考えても、リスクが少なくコスパが良いので、最初はペアーズで好みの女医さんがいないか探してみましょう。

参考⇒女性医師の職業を選べるマッチングアプリ『ペアーズ』はこちら